PR

Kalita(カリタ)「キュービックミル」をレビュー|使い方とお手入れまで解説!

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています。

コーヒーの魅力のひとつが、その香り。

特に挽きたてのコーヒー粉の香りは、それだけでフワァ~ッと癒されるくらい魅力的ですよね。

おうちでいきいきとしたフレッシュな香りを楽しむためには、コーヒーミルの存在が欠かせません

そこでこの記事では、カリタの「キュービックミル」を紹介します。

コリコリと手動で豆から挽く過程を楽しめて、コーヒーの香りが格段によくなる。「ここはカフェかな?」と錯覚するほど。(笑)

わたしはハンドドリップを始めてから数年後に購入したのですが、もっと早く試せばよかった!と少し後悔しています。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 「キュービックミル」の使用感が気になる
  • 「キュービックミル」のお手入れってどうすればいい?
  • 手動のコーヒーミルが気になっている
  • おうちコーヒーを充実させたい

時間がある日に、アナログな感じでゆっくりコーヒーを挽くのは至福。

そんな空気感までお伝えできればうれしいです。

Kalita(カリタ)とは?

カリタは創業60年以上。現在は横浜市に本社を置く、日本のコーヒー器具メーカーです。

ペーパーフィルターと3つ穴ドリッパーの開発により、日本全国にドリップコーヒーを広めました。日本の喫茶店文化に大きく貢献したことで知られています。

「カリタ式」と呼ばれるドリッパーの特徴は、3つ穴であること!抽出スピードが早く、雑味のないさっぱりした味わいで、キレの良さが特徴です。

まりな
まりな

今では大定番の道具のひとつになっています。

コーヒー器具専門メーカーとしての機能性はもちろんのこと、デザイン性の高さも見逃せないポイント。

インテリアとしても楽しめるコーヒーグッズが揃っていますよ!

カリタ「キュービックミル」をレビュー

キュービックミル」の見た目はこんなかんじ。

スクエア型のミルって珍しいですよね。黒で統一されたスタイリッシュな印象かつ、木の温もりも感じられるんです。

ここからは実際に使いながらレビューしていきます。

わたしは使い始めて3年ほどですが、切れ味はまったく劣化することなく、心地よく使用できていますよ。

まりな
まりな

平均すると2日に1回ほどは、コリコリ挽いています~!

内容は3点にまとめました。

  • 蓋があることで豆が飛び散らない
  • 安定感があり挽きやすい
  • マグネット接着で開閉がかんたん

ひとつずつみていきましょう。

蓋があることで豆が飛び散らない

それではさっそく、上部の蓋を開いてコーヒー豆を入れます。

豆を入れる部分はホッパーと呼ばれていて、「キュービックミル」のホッパー容量は15g。

約1杯分の容量です。粉受けの容量は30gなので、2杯分は入ります。

計量しながら入れます。(今回は12g)

入ったら、蓋を閉めて豆のセットは完了です。

蓋があることで、挽いている途中に豆が飛び散らなくてGOOD!

安定感があり挽きやすい

いよいよ挽く工程です。

まりな
まりな

ちなみにわたし、力がほんとに無く、へなちょこです…(笑)

それでも、「キュービックミル」は安定感あるフォルムと適度な重量感で、ムリなく挽くことができます。

コリコリ挽くアナログな時間もよきです。

ただ、テーブルや作業台の上じゃないと持ちづらさは否めません。

手に持っても挽けないことはない。でもちょっとしんどいかなーという印象。

とはいえアウトドアのシーンでない限りあまりないシチュエーションだと思うので、ふだん使いで煩わしさはないですよ!

マグネット接着で開閉がかんたん

下の粉受けにコーヒー粉がたまります。開けてみましょう!

ミル部分と粉受け部分は、マグネットで結合されています。開閉がかんたんだし、強力なのでグラつくこともありません。

この瞬間の香りがたまらない。

きれいに挽くことができました。

わたしはペーパーレスドリッパーをメインで使っているので、少し粗めに調整しています。

まりな
まりな

挽き具合の調整は、次で解説しますね!

コーヒーグッズについては、「ハンドドリップに必要な道具おすすめ3つ」をチェックしてみてください。

「キュービックミル」のお手入れ方法を解説

キュービックミル」はトップネジから順に取って、こんなふうに解体できます。

「部品とかよお分からんし、元に戻せるか、こわい……」という方も大丈夫!

まりな
まりな

わたしも大のニガテですが、ちゃんとできます☆

お手入れの際は、取った部品を上から順に並べておきましょう。

刃を取ると豆のかけらや粉が出てきます。コーヒーの風味に影響するので、毎回のお手入れがベスト。

ミル刃についた細かい粉をブラシで払います。

本体内側も同じくブラシでお手入れ。

水洗いできないので、細かい箇所まで届くブラシがおすすめです。動物の毛は静電気が発生しにくいのでなおよし。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
まりな
まりな

趣味のひとつと考えれば、道具のお手入れもそれほど苦痛じゃなくなりますよ。

できたら、部品をもとに戻していきます。

この調整ネジを、

  • 右へまわす→細挽き
  • 左へまわす→粗挽き

このようにかんたんに調整できるので、抽出する器具やコーヒー豆に合わせて好みを探したり飲み比べすることもできますよ!

「キュービックミル」の製品情報

ここまで「キュービックミル」を実際に使ながらレビューしてきました。

サイズは写真のようになっています。

まりな
まりな

スクエア型だから、どんな場所にも収まりやすいと感じます。

製品情報をまとめておきます。

サイズ80×170×180(mm)
本体重量680g
ホッパー容量15g
粉受け容量30g
素材鉄・木
挽き方臼・硬質鋳鉄製刃
「キュービックミル」製品情報

キュービックミル」は豆をすり潰すようにして粉砕する、臼式タイプ。硬質鋳鉄製の本格派で切れ味が長持ちするのが特徴です。

カリタ「キュービックミル」の口コミ

キュービックミル」の口コミをチェックしてみましょう。

黒のクールな印象でありながら、木の温もりも感じられる絶妙な見た目がいいですよね!

お部屋でもアウトドアのシーンでも、コーヒーのある生活を実感させてくれる道具です。

カリタ「キュービックミル」まとめ

この記事では、カリタの「キュービックミル」を紹介しました。

  • 蓋つきで豆が飛び散らず、ストレスフリー
  • 安定感があり扱いやすい
  • マグネット着脱で開け閉めかんたん
  • 丈夫で長持ち、本格派な硬質鋳鉄製

扱いやすいのはもちろんのこと、使っていない時間もインテリアとして佇んでくれています。

そしてやはりコーヒーミルを使い始めてから、「クオリティ・オブ・コーヒーライフ」がグッと上がったのは間違いありません。

毎日ではなくても、豆を挽く時間が癒しになっています!

まりな
まりな

いつものコーヒー豆探しも、楽しくなりました☆

お手入れも習慣として慣れてしまえばかんたんで、使うほど愛着がわいてくるから不思議です。

おうちコーヒーをこれから深めたいという方は、「おすすめコーヒー本」のレビューものぞいてみてくださいね。

ではまたすぐに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました