PR

【読書術】隙間時間に本を読むためのアイデア7選|気付けば習慣になっているかも?

※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を使用しています。

「もっと本が読みたいけれど、時間がない・・・」

「忙しくて読書が後回しになりがち」

読書は心の栄養!だからこそ、時間が取れない日々が続くとつらいですよね。

まりな
まりな

仕事や家事で、「読書」の優先順位は

どうしても低くなってしまいます。

こんなに好きなのに・・・

この記事では、わたしがずっと考えてきた「隙間時間に本を読むためのアイデア」をご紹介します。

まりな(筆者)の読書傾向について
  • 幼少期から読書が好き。
  • 年間100冊読破を継続中。
    (フルタイム・残業をこなしていた時期も)
  • 読書は紙の本で楽しむのが好き。

「本を読む」という至福の時間を、少しずつ作ってみませんか。環境や意識を少し変えるだけで、本を手に取りやすくなりますよ!

使えそうなアイデアを探しながら、楽しんでいただければうれしいです。

隙間時間に本を読むためのアイデア7選

それではここから、わたしが日々実践している7つのアイデアを紹介していきます。

まりな
まりな

目指すは、いつでも本が読める環境を作ること!

  1. バッグには常に本を入れておく
  2. 本棚の模様替えを実施
  3. 読みたい本をカゴに入れてまとめておく
  4. 時間帯や気分に合わせて併読をする
  5. アウトプットを意識しすぎない
  6. 本を読むためだけの外出をする
  7. 読んでいる途中でやめてもいい

貴重な隙間時間を活用するためには、いつでも本がそばにあり、無理なく読書に向かう気持ちが大切!この記事は、時短術や速読術ではありません。

まりな
まりな

楽しむことを重視。

この7つのアイデアを日常に散りばめて、本を手に取りやすくしていきましょう。

①バッグには常に本を入れておく

これは基本中の基本。実践されている方も多いかと思います。

まりな
まりな

これは長年(たぶん10代の頃から)の習慣。

本を持っていないと落ち着かないの・・・

外出時は、隙間時間が多いものです。

  • 電車内や電車待ちの時間
  • 待ち合わせに早く着いた時
  • 仕事の休憩時間
  • 飲食店で、注文から提供までの間
  • 病院や役所で、受付から呼び出しまでの間

チリも積もれば!忙しくても、意外と時間があるような気がしてきます。


ただし、面白過ぎる本にはくれぐれも注意してくださいね。

まりな
まりな

自己責任でお願いしますヨ!

②本棚の模様替えを実施

読書好きなみなさんの本棚は、どのような感じですか?

まりな
まりな

人の本棚のぞきたい病。

わが家は、

  • 高さ約2mほどの大きな本棚
  • 板&ブロックでDIYした小さな本棚
  • ベッド下の収納

これらがフル稼働しております。


なぜ、本棚の模様替えを実施するのか。

  1. 未読本が発掘できる
  2. 「今」の気分に合った本が見つかる
  3. 本を入れ替えて可視化するため

本棚の本を動かすことで、循環させてあげるイメージですね!わが家の場合は、ベッド下に埋もれている文庫本たちも多いので、たまに様子を見てあげます。

まりな
まりな

本を手に取って整理することで、

また次に読みたい本が見つかる、というワケです。

固まった本棚をほぐしてあげると、読書欲も湧いてきていいですよ。

③読みたい本をカゴに入れてまとめておく

こちら、「カゴ読」と呼ばせていただいております。

本を積んでいくと、いちばん下の本が手つかずのことが多く、平等にしたかった。そうしてカゴに入れてみたのが始まりです。

まりな
まりな

これが使いやすくて生活にフィット!

  • 未読本、気になる本、借りた本などをまとめておくだけ。
  • あちこちに散らばりがちな読みかけの本が、一か所にまとまる。
  • ソファやベッド脇に、カゴごと持ち運ぶことができる。

こうしてまとめておくと、本棚から本を吟味して選ぶより、手に取りやすいから不思議。

本との距離が縮まるようです。

④時間帯や気分に合わせて併読をする

わたしは、常に2~3冊の本を併読しています。

まりな
まりな

1冊ずつ読破していく夫には、不思議そうな目で見られます。

  • 持ち歩く本(文庫本)
  • 家で読む本(単行本)

で分けていたり、

  • 小説
  • エッセイ
  • 自己啓発本

など、組み合わせは様々。

「小説の世界に入り込みたい!」というときも、隙間時間だと難しかったり。そんなときはエッセイや短編集を用意しておくのもおすすめです。

⑤アウトプットを意識しすぎない

仕事や生活を営むなかで、「読まなければならない本」もあります。

まりな
まりな

以前勤めていた会社は、

「読書→レポート提出」という課題がありました。

しかし、楽しむための読書では、アウトプットにこだわり過ぎなくてもいいのです。

わたしは読書中、メモとペンは使わず、小さい付箋を用意。気になった文章の上部に貼っていく、これだけを実践しています。

¥173 (2022/06/25 20:13時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
まりな
まりな

本の感想をブログに書いていますが、読んでいる途中でメモを取ることはほとんどありません。読むことに集中して、自分の心の動きを知りたいのです。

⑥本を読むためだけの外出をする

どうしても集中できないとき、場所を変えるのはよくあることではないでしょうか?

しかし「おしゃれなカフェで読書をしよう!」と、そんなことを書くつもりはありません。わたしの場合、カフェだとあんな人やこんな人が気になって、観察に終始してしまうのです。

わたしがよく使う場所はこちらです。

  • 公園のベンチ
  • 図書館
まりな
まりな

毎日通ってもお金がかかりませんぞ!

しかし、せっかっくの隙間時間。集中できなくては本末転倒です。

ここでのポイントは、荷物を極力少なくして出掛けること。

読みたい本(1冊)/財布/飲み物/スマホ(一応)

まりな
まりな

10分だけでも、ページをめくれたら勝ちです♪

⑦読んでいる途中でやめてもいい

何となく読みにくさを感じながらも、

「せっかく買ったしなあ」

「○○がおすすめしてたしなあ」

と、義務感で読み進めてしまうことはありませんか?

まりな
まりな

以前はズルズルと読んでいましたが、

最近は潔く諦めます!

隙間時間に読むには、致命的。徐々に本から気持ちが遠のいてしまいます。

わたしは今まで、「合わない本」や「難しい本」に何度も出会ってきました。

  • 合わない本・・・文章にももちろん、相性がある。人に譲ったり、売ることを検討。
  • 難しい本・・・少し寝かせて、数年後に再読するのがおすすめ。

20代の頃には「難しい」と思っていた本が、30代で格段に面白く感じられたり。こんなことが起こるから、読書は楽しいですよね。

まりな
まりな

再読し続けたい本がたくさんあります!

自身の年齢や環境によって、読書の振り幅を観察してみると新たな発見があるかも。


どうしても読書が進まないときには、こちらの本たちの助けを借りてみてください。

まとめ

今回は、「隙間時間に本を読むためのアイデア」を7つご紹介しました。

  1. バッグには常に本を入れておく
  2. 本棚の模様替えを実施
  3. 読みたい本をカゴに入れてまとめておく
  4. 時間帯や気分に合わせて併読をする
  5. アウトプットを意識しすぎない
  6. 本を読むためだけの外出をする
  7. 読んでいる途中でやめてもいい

すぐに使えるアイデアを集めたので、読書時間が少しでも身近になればうれしいです。

ここで、気になったのでよくある計算をしてみました。

10(分)×365(日)=3650(分)

1日10分の読書時間を積み重ねれば、年間で約60時間。

まりな
まりな

色んな本に出会えますね!

わたしも隙間時間を味方に、読書を楽しんでいきたいと思います。

ではまたすぐに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました